クレジットカードの豆知識:スコアリングシステム

現在、クレジットカードの審査はコンピューターにより機械的に行われるのが一般的になっています。
コンピューターを使用することで審査における人為的な部分が排除されて審査をスピーディーかつ公平・中立に行うことができ、審査業務そのものについてもコスト削減や効率化をはかることができるためです。

コンピューターによる審査では、所定のモデルに基づいて申し込んできた個人や法人の信用度が数値化されます。そして、数値化された信用度をもとにクレジットカードの審査の合否が判断されます。
このモデルに基づいて信用度を数値化するシステムは「スコアリングシステム」と呼ばれます。

 

スコアリングシステムでは、申込時にクレジットカード会社に提供した申込者自身の年齢、勤務先、勤続年数、年収、居住状況などの情報や、申込先カード会社の過去のクレジットカードの利用履歴、他社からの借入状況と返済状況などを、統計的モデルを用いて解析を行い、点数化します。
そして、総合的パラメーターで審査の合否、つまりクレジットカードの発行の可否の判断が行われます。

スコアリングシステムは、クレジットカードの審査だけでなく、カードローンや住宅ローンの審査でも用いられています。