クレジットカードの豆知識:一括払いを後で分割払いやリボ払いに変更

クレジットカードは手元に現金がなくても購入することが出来る便利なものですが、当然あとから支払いが発生します。

仮に分割払いにしなかったりできなかった場合には、翌月以降に返済が多くなる可能性もあります。その場合支払いが大変になってしまい、最悪の場合返済が出来ないなんていうこともあり得ます。

こうなると信用度が落ちてしまい、クレジットカードの使用にも何らかの制限がでたり使用が出来なくなってしまう可能性もあります。

 

リボ払いというのは支払い額が一定になる支払い方です。
上限が15000円でリボ払いを設定した場合は、一括払いでこの額を越えたとしても、この上限までしか請求がこないので極端に支払いがきつくなることはありません。

イメージとしては自然に分割払いになっているので、生活の計画がたてやすくなります。クレジットカードには使える限度額というものがあり、そこまでは何の問題もなく使用することが出来ます。

リボ払いは限度額近くまで使用しても毎月の支払いが一定なので、使っていないような錯覚に陥りやすいです。また支払い中は高い金利も常に払っているので、完全に返済が終わるまでは総支払い額がかなり多くなります。便利な点もありますが、使いすぎは注意する必要があります。

 

私は、高還元率クレジットカードのヘビーユーザーですが、一括払いしかしません。
リボ払いにすると、還元されたポイント以上に利息がかかる場合があるからです。ですから、節約の面からもリボ払いは計画的に実行するようにしましょう。