クレジットカードの豆知識:信用情報に載る情報とは

クレジットカードを作成したりローンを組む場合には個人信用情報機関の登録情報をチェックされるため、ブラックリストに載らないように注意する必要があります。

個人信用情報機関とは、業種によって3つの期間に分かれており、クレジットカードではCICという機関で情報を管理しています。
管理情報として、「申込情報」「クレジット情報」「利用記録」があります。
クレジット情報には、支払状況に関する情報として、延滞や自己破産などの情報があり、この情報が記録されている状態がブラックリストと言われます。

また、割賦販売法対象商品の支払い状況(ショッピング枠の利用状況)、貸金業法対象商品の支払い状況(キャッシング枠の利用状況)にも遅延情報が記録されます。詳細はCICのホームページで確認でき、自分の登録情報を取り寄せることもできます。

 

近年見られる、携帯電話料金の支払いの遅延情報について、銀行引き落としの場合はCICとは関連していないため、遅延していても登録されることはありません。しかし、クレジットカードを利用して支払いを行っている場合、CICへ登録されてしまうので注意が必要です。

なお、遅延があれば即座に登録されるわけではなく、3か月以上の遅延が続くと登録されます。1度登録されると、解除されるまでに5年間必要になると言われています。