クレジットカードの豆知識:審査の3C

クレジットカードの審査においてしばしば用いられる言葉に「3C」と呼ばれるものがあります。
これはクレジットカードの入会審査において、特に重要とされる3つの基準を表現したものです。

 

3Cを構成する第1の基準は「Capacity」です。
一般的には「能力」などと和訳される言葉ですが、クレジットカードの審査においては「返済能力」のことを指します。安定した収入が継続しており、安定して返済を行えるとみなされれば、カード会社から高く評価されます。返済能力の有無はカード会社が最も重要視している基準です。

第2の基準は「Character」です。日本語では「性格」などと訳されますが、ここでは金銭面の性格のことを指します。
この基準の評価は過去のクレジットカードの利用状況を参考に行われ、決められた日にきちんと利用額を用意して返済していけるとみなされれば、カード会社からの評価が上がります。

第3の基準は「Capital」で、日本語では「資産」などと訳されるものです。
不動産や自動車、証券など、担保となりうる資産を多く所持しているほど、カード会社からの評価が高くなります。

しかし、カード会社は審査の過程で資産の詳細を調べることはあまりありません。そのため、他の2つの基準と比較すると重要な基準ではありません。