クレジットカードの豆知識:自己破産後、もう一度クレジットカードを持つには

自己破産をしますと、大体7年から10年くらいは信用情報機関にその履歴が残りますので、その間は、新たにローンを組んだり、クレジットカードは作ることはできません。

どの信用情報機関に情報が残るかによって履歴の年数は多少違ってきますが、大まかには7年から10年が目安になります。ですので、自己破産後、もう一度クレジットカードを作りたいのであれば、最低でも7年間は待つ必要があります。

また自分の自己破産情報が確実に消えたかどうかを確かめるには方法があります。
各情報機関に問い合わせをし料金を払えば、郵送などで自分の情報を送ってもらうことができます。

 

クレジットカードなどは申し込みをして断られますと、その結果がまた情報機関に載ってしまいます。ですので確実に自分の履歴が消えたかどうかを確かめてから申し込むほうが賢明です。また、一度自己破産を受けたクレジット会社では、信用情報機関とはちがい、会社自体に半永久的に履歴が残りますので、再度クレジットを作ることは難しいです。

ですから、確実に情報機関の履歴が消えていることを確かめた後は、別のクレジット会社に申し込む方が無難です。
クレジットカードなしで生活していくのはやはり不便な面もありますが、破産後の生活を立て直したうえで作らなければ同じことを繰り返してしまいますので、注意していくことが大切です。