賢いクレジットカードポイントの貯め方:コンビニ、スーパーでの食料品

クレジットカードというのは非常に便利なもので、同じ買い物をするにしてもカードで支払いをしたほうがポイントが加算される分だけ、現金よりもお得に買物をすることができるのです。

現金がクレジットカードよりも有利に買い物できる状況というのは、現金特価あるいは現金割引がある時に限られ、日常生活ではほとんどそのような機会がない以上、クレジットカード払いができる時にはカードで決済したほうが良いと言えます。

 

特に高還元率のカードを用いて決済をして、キャッシュバックの特典などを受けた場合、そのカードの還元率分だけ割引を受けることができるのと同じことなので、現金で支払をするよりも断然カード払いがお得なのです。

しかし、高還元率に目が眩み不要なものまで買い物をしてしまっては意味がなくなってしまうので、しっかりと必要な物だけを見極めて買物をするのもカードを上手く使うコツになります。
そして、日常生活をする上での必需品が食料品です。

食べ物は人が生きていくために欠かすことができないため、必ずかかるお金のひとつですがその支払を現金ではなく、クレジットカード払いにすることで効率よくポイントを貯めることができ、すぐに特典を受けることができます。