REXカードと楽天カードはどちらが良い?両方利用してみた感想

年会費無料の楽天カードと、初年度年会費無料で2年目以降は条件付きで年会費無料になるREXカード(レックスカード)を比較する人も多いでしょう。
実際に私は両方のクレジットカードを持っているので、両方のカードの利用法について紹介します。

rakutenrex

まずREXカードと楽天カードのいくつかのポイントを比較してみましょう!

 還元率
REXカード還元率・・・1.75%
楽天カード還元率・・・1.0%

還元率は、楽天カードも全クレジットカードの中では良い方ですが、還元率トップクラスのREXカードと比較すると及びません。

 

 貯まったポイントの利用法
REXカード・・・支払額から値引き
楽天カード・・・楽天市場で1ポイント1円で利用可能

REXカードの支払額から値引きされる仕組み(Jデポ)は、無駄な買物をする必要もなく、キャッシュバックに似た感覚なので、とにかく便利です。
一方、楽天カードは、楽天市場でしか利用ができません。しかも何かを楽天市場で購入しなければならない。利用が制限されるので、REXカードよりも貯まったポイントの使い勝手は悪いですね。

 

 貯まったポイントの最低交換ライン
REXカード・・・3500ポイントからJデポに交換可能
楽天カード・・・1ポイントから楽天市場で利用可能

REXカードは最低限3500ポイントを貯めなければならないのに対し、楽天カードは1ポイントから利用できるので、カードの利用額が少なくてもすぐに還元できるのが楽天カードのメリット!

 

 年会費
REXカード・・・初年度無料。50万円の利用で次年度年会費無料。
楽天カード・・・年会費無料

REXカードは年間50万円を超えると無料になるので、メインカードとして利用するとメリットが大きい。楽天カードは年会費無料なので、少額の利用でも問題なし。

 

以上のような特徴をつかんだところで、
「私がREXカードと楽天カードをどう使い分けていのるか?」
ですが、まず、還元率が高く、貯まったポイントの使い勝手の良いREXカードをメインカードとして利用しています。

ですから、通常のショッピングや携帯電話料金の引き落とし、公共料金の引き落としなど、基本的にほとんどの支払いをREXカードに支払いを集中。
こうすることで、年間50万円の利用も可能となり、次年度年会費も無料に近づきます。つまりは、2年目以降も還元率1.75%は無事確保されるわけです。(年間50万円の利用を超える必要がありますが)

 

次に楽天カードの利用方法については、楽天市場のクレジットカード利用で特典がある場合にだけ利用しています。
例えば、

  • 「楽天カードの利用でポイント3倍の日」
  • 「楽天カードの利用でポイント5倍の日」

などの時です。

通常時期は、「楽天カードの利用でポイント2倍」などとアピールしていますが、これは楽天市場での利用なら誰でも付与される1ポイントと、楽天カードの利用分1ポイントの事なので、別にお得なわけではありません(*_*)
通常時期は、楽天市場でもREXカードを利用したほうがお得です。(楽天ポイント1ポイント+還元率1.75%)

こうなると楽天カードの出番は極端に少なくなりますが、楽天カードは年会費無料ですし、ポイントは1ポイントから利用できるので少額利用でも特に問題はありません。

 

REXカードと楽天カードの特徴を理解して、使い分けすると良いですね。
もしクレジットカードを1枚に絞るなら、REXカードを選びメインカードとして利用して、年間利用額50万円を目指す事をおすすめします。

どうしても年会費無料にこだわるのなら、永年年会費無料カードの中でも、還元率トップクラス1.25%のREXカードライトも選択肢としてはアリですね。
還元率0.25%の差は、意外と大きいです。