REXカードライトとREXカードの違い(メリット&デメリット)

高還元率クレジットカードで、その扱いやすさから人気の高い「REXカード」に、新たな特徴を持った兄弟カードが生まれました!
その名も

REXCARD Lite(レックスカード ライト)

lite1

 

では、REXカードとREXカードライトの違いは何なのか?詳しく確認してみましょう。

年会費

REXカードは初年度年会費無料で、初年度の利用額が50万円を超えると、次年度の年会費も無料となります。
50万円に達しなかった場合は、年会費2,500+消費税がかかります。

一方、REXカードライトは、無条件で年会費無料です。
つまり、とりあえずREXカードライトを申し込みをして、全く利用せず、利用額が0円でも年会費は永遠に無料です。

年会費に関しては、REXカードと比較すると、REXカードライトはかなり申し込みやすくなりましたね。
クレジットカードをあまり持ったことがない人にとっても、手を出しやすくなった高還元率クレジットカードが、REXカードライトといった印象です。

 

還元率

REXカードは還元率1.75%で、発行されている全クレジットカードの中でもトップクラスです。

一方、REXカードライトは年会費が無料になった代わりに還元率は1.25%と、REXカードと比較すると0.5%低く抑えられています。
とは言っても、この還元率1.25%は、年会費無料のクレジットカードの中では私の知っている限りトップの還元率です。

 

例えば、年会費無料系クレジットカードの中で、人気の「楽天カード」は還元率が1%なので、REXカードライトの方が0.25%も高いことになります。

しかも楽天カードの還元ポイントは楽天ポイントになるので、楽天グループでの買い物にしか利用できませんが、REXカードライトの還元ポイントは、支払額から値引きする仕組み(Jデポ)なので、特に制限がなく、ユーザーとしては、とにかく便利です。
⇒ Jデポについての詳しい内容はこちら

 

付帯サービス

REXカードには他のクレジットカードにはあまり無い、特徴的な付帯サービス「ショッピングプロテクション」があるのですが、REXカードライトにはありません。
年会費無料で、そこまでのサービスを付帯するのは、無茶だったのかもしれませんね。

ショッピングプロテクションに魅力を感じるのなら、選択肢はREXカードのみとなります。
⇒ ショッピングプロテクションの詳細はこちら

ちなみに、国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険は、REXカードライトにもREXカード同様に付帯していますのでご安心ください(^.^)

 

デザイン(券面)

REXカードのデザイン(券面)は、「ネイビー」と「ストライプ」の2種類でした。

lite2

 

REXカードライトのデザイン(券面)も同じ2種類なのですが、「マットブラック」「マットボルドー」になりました。

lite4

REXカードと比較すると、REXカードライトのデザインは、「REX CARD」の文字が小さくなったので、シンプルになって良くなったと思います。
個人的には、マットブラックが、どんな場面であっても場違いではないので、利用しやすく感じました。

 

REXカードライトのまとめ

REXカードは、年会費無料なのにもかかわらず、還元率が1.25%と高いので、クレジットカードのライトユーザーにおすすめの1枚です。
年会費無料でこの還元率を超えるクレジットカードは、しばらく出てこないと予想しています。

もし、私みたいに年間50万円を超えるようなクレジットカード利用があるヘビーユーザーなら、更に還元率の良いREXカードを選択したほうが良いでしょう。
携帯電話料金や、電気代、またちょっとした買い物をクレジットカードで集中して払えば、年間50万円は超えてしまいますので、そういった使い方をするのであれば、還元率の高いREXカードの方がお得です。

 

年間の利用金額によって、高還元率クレジットカードを選ぶ事ができるようになったので、REXカードライトの登場は革命的ですね。
ライトユーザーでも高還元率の恩恵が受けられる時代に突入しました!これからも革新的なREXカードシリーズからは目が離せません!