REX CARD LITE(レックスカードライト)のデメリットとは

高還元率クレジットカード「REXカード」のシリーズとして、REXカードライト(REX CARD LITE)がリリースされてしばらく経過しました。
雑誌の「お得なクレジットカード特集」などでも、かなりの頻度で登場していて、認知度も増しているようです。

lite1

 

REXカードは、初年度年会費無料で、2年目以降は条件付きでの年会費無料(初年度利用額が50万円以上)なのに対して、REXカードライトは完全年会費無料なので、クレジットカードをこれまであまり利用していないユーザーにも受け入れられていて、会員数が伸びているようです。

 

REXカードライトは、完全年会費無料になった代わりに、REXカードよりも還元率が0.5%抑えられていて、1.25%となります。
しかし、1.25%の還元率は、年会費無料のクレジットカードの中では、トップクラスの還元率。
年会費無料のクレジットカードで人気の高い楽天カードは還元率1.0%なので、0.25%も高いことになります。

良い事ばかりのREXカードライトですが、何かデメリットのようなものはあるのでしょうか?
色々と考えてみましたが、大きなデメリットはパッとお思いつきませんでした(^_^;)

 

REXカードライトのデメリットをあえて言うのなら、毎月安定して5万円近くクレジットカードを利用するのであれば、REXカードを含むジャックス系の高還元率クレジットカードの方が良いというところでしょうか。
ジャックス系の2年目以降は条件付きで年会費がかかるクレジットカードであれば、還元率は1.75%を超えるものがいくつかあります。

などです。

これらのクレジットカードは、年間の利用額が大きいと2年目以降の年会費が無料になったり、ボーナスポイントとして2500円分の支払い値引きポイントを貰えたりします。
ですから、クレジットカードをヘビーに利用するのであれば、REXカードライトよりお得と言えます。

何度言いますが、あえて言うのならのデメリットです。
あとは、どうなんでしょう??

ダイナースカードやアメリカンエキスプレスカードのようなステータスは無いところでしょうか。。。ま、REXカードライトを検討する人にとって、ステータスは求めていないと思うので、これはデメリットにはならないはず。

 

とにかく、REXカードライトは弱点が少ないクレジットカードである事は間違いないでしょう。
あとは、年間の利用額によって、一段上のクラスのREXカードとどちらを選択するのか?を考えると良いですね。